着物を学ぶ時に気を付ける事ってありますか?

実家がリフォームのために荷物を整理したのですが、母の昔の着物がたくさん出てきました。

「もう着られないからあんたにあげる」ということでいくつかもらったのがきっかけで、着付けを習得しようと決めました。

着付け教室を選ぶときに気をつけること

着付けをマスターしようと決めて、まず思いついたのがテレビのCMなどで見かける無料着付け教室です。

着付けの資格を取るわけではないし、着られるようになるだけなら、無料でいいかなと軽く考えていたのですが、調べてみると、お茶代や修了式の費用などがあり、完全に無料ではないようです。

また、販売会に参加しなければならず、強引な勧誘が不安でやめました。

無料は怖いので、有料の教室なら大丈夫かもと思い、着物好きな会社の先輩に教室も情報について尋ねてみました。

駅前にある大きな看板のあの教室はどうですか?と聞いてみたところ、大手の教室は呉服店と提携していることが多いので、着物や小物の購入をすすめる勧誘が多いのだそうです。

また、その呉服店の作った着付け道具を使うことが多く、初めて着物に触れる人には便利なのですが、自前の着付け小物を持っていても、新たに購入しなければいけないことがあるのだそうです。

このような場合があるので、着付け教室を決めるときは、セールスなどの勧誘はないか、教室専用の器具を購入しなければならないか、月謝以外にかかる費用などを事前に確認しましょう。

着るだけなら独学でも十分

この先輩によると、他の人に着せたり特殊な帯結びをマスターしたりするのではなく、ただ自分で着るだけなら、教室に通わなくてもできるよ、とのことでした。

そういえば昔の人は着付け教室に通わなくても毎日着物を着ていたのですからね。

基本的な着方を知るだけなら、ネットに動画が公開されているし、詳しく知りたいなら本やDVDで十分というこの先輩も、動画を見たり、ネットで着物好きな人のブログを見たりして着物が着られるようになったのだそうです。

今回、着付けについて調べてみて、着物が自分で着られるようになるには、教室に通うにしても独学にしても、何度も自分で着てみることが大切だと感じました。